英語教育はどう変わる?2020年からの教育改革について

英語教育はどう変わる?2020年からの教育改革について記事のアイキャッチ
2018年末の在留外国人数が前年より約16万人増え、273万1093人で過去最高になるなど、グローバル化が進む日本。今の子どもたちが大人になる頃、様々な文化やバックグランド、言語をもつ人たちと共に働く未来はすぐそこです。そのような状況の中、国際共通語である英語力の向上が重要視されています。そこで東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020年を契機に、小中高校の英語教育が大きく変わります。

高校卒業時、「読み」「書き」「聞く」「話す」の4技能を使った積極的なコミュニケーションができる力を身につけることが学校教育で目標とされるのです。2020年をきっかけに、小中高校での英語教育がどのように変わるのかを解説します。

小学校での英語改革は?

小3・4で外国語活動の時間が新設される

これまでは小学5年生から始まった英語教育が、「外国語活動」という名目で小学3年生から前倒しスタートします。それぞれ週1コマ(年間35単位)ずつ、授業時間が増えます。
授業として時間は確保されるものの、まずは外国語である英語に親しみをもってもらうのが目的のため、外国語絵本教材などを用いて「聞く」「話す」を中心とした活動を実施します。
あくまでも生徒が英語に慣れ親しむのが目的のため、年間35時間の授業は、成績にはつきません。

小5・6で成績のつく外国語の時間

高学年になると、3・4年生で取り組んだ内容に連続性をもたせながら、「読み」「書き」「聞く」「話す」の4技能の教科型指導を行います。英語の試験も高学年から課されます。
通知表に英語の成績が掲載されるようになります。

中学・高校の授業がすべて英語に

英語教育の小学校への前倒しを機に、中高での英語教育が進みます。
英語を使ってコミュニケーションが取れるよう、授業も英語で行うことが基本となります。

中学校での変更点

中学生では、2021年度より新学習指導要領が始まります。今回大きく変わる点は、授業が基本的に英語で実施されるということです。現在の学習指導要領では、高校でのみ授業を英語で行うことが基本とされています。しかし、中学と高校の学びをより円滑にするためにも、今後中学校においても英語で授業を行うことが推奨されたのです。

また、基本的なコミュニケーションを英語を使ってできるよう、「話す」「書く」力の習得が重視されます。例えば、短い新聞記事を読んだり、テレビのニュースを見てその概要を伝えることができるようになるなど。中学校で覚えるべき語彙数も現在の1200語から、1600~1800語が目標になります。定量的な視点でいうと、CEFR A1~A2(英検3級~準2級)程度の英語力と言われています。

高校での変更点

高校では、2022年度より外国語教育が変わります。より高度な英語力を身につけるため、英語での討論・交渉などの言語活動ができるようになることが目標です。
現在の課題として、「聞く・読む・書く・話す」の4技能の中でも「話すこと」「書くこと」の能力が課題とされています。
今まで目標とされていた高校での目標取得語彙数も1800語から1800~2500語へ増加します。小学校から高校まで、新学習指導要領での英語の時間を修了すると、高校卒業時には4000~5000語程度の英単語を身につけるレベルにまでアップします。

気になる大学入試への影響

今回の英語改革に伴い、大学入試英語も大きく変わります。今までの大学入試共通試験(センター試験)では、「聞く(リスニング)」「読む(リーディング)」の2技能のみで試験が構成されていました。2020年度(2021年)からは、ここに「書く(ライティング)」「話す(スピーキング)」技能を計るため、大学入試センターが認定した民間資格・試験を受験する必要があるのです。

現在、「ケンブリッジ英語検定」「TOEFL iBT」「TOEIC(L&R)(S&W)」「GTEC」「TEAP」「TEAP CBT」「英検」「IELTS」が大学入試センターに認定されています。
高校3年生の4~12月に受験した2回までの結果を大学に提出し、大学によってそれを合否判定に活用する予定となっています。

東京大学のように、大学によっては民間試験を入試の合否判定には使わないと名言しているところもあるので、自分の志望校の試験に民間試験受験が必須かどうかはよく調べておくと良いでしょう。

個別指導塾での英語教育

個別指導塾でも、2020年の英語教育改革に向けたカリキュラム編成が行われています。
ここでは、大手塾が英語教育改革に対してどのような対策をしているかの一例を紹介します。

明光義塾

明光義塾では、2020年度の小学生英語向けのカリキュラムとして明光みらい英語を提供します。明光みらい英語は、英語に英語によるコミュニケーション力を身につけるために必要な「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの要素を取り入れた、タブレットで楽しく学べる英語学習プログラムです。

東京個別指導学院

東京個別指導学院では、ベネッセコーポレーションが塾用に開発したオンラインスピーキング教材「English Speaking Training(通称EST)」を全245教室に導入しています。
ESTとはPC・スマートフォン・タブレットからフィリピン在住の外国人講師と英会話のレッスンを行うことができるプログラムです。
「聞く・読む・話す・書く」の4技能を重視した新学習指導要領に準拠するとともに、言語力の国際評価指標「CEFR」にも対応しています。

城南コベッツ

城南コベッツでは、英語4技能育成に対応したオリジナル教材『5CodesEnglish』を導入しています。『5CodesEnglish』は、5つの音法(Codes)にしたがって学習を進めることで、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能すべてを学習できる画期的な教材。城南進研グループの留学試験対策専門校LINGO L.L.C.監修の質の高いテキストで、新時代の英語スキルを効率よく身につけることができます。

親が備えておくことは?

今回の教育改革で求められているのは英語を使って様々な人たちとコミュニケーションをとる力です。英語学習が小学3年生に前倒されるのも、早い時期から英語を聞く耳を養うことで、外国語への親しみや関心を持つことが求められています。
保護者は何ができるでしょうか。まずは、英語を好きになる環境づくりでしょう。「好きこそものの上手なれ」英語を好きになることで、楽しみながら学びを深めることができます。
実際の英語を耳にできるような英語のアニメ、映画、教材などを定期的に一緒に見る。英語の絵本を読んでみる、など英語に楽しみながら触れられるような環境を作ってみましょう。
ただし、注意すべきは親から押し付けないことです。あくまでも子どもが楽しいと思える範囲の内容を家庭でサポートしてあげるとよいでしょう。

公開日:2019.08.23

英語教育はどう変わる?2020年からの教育改革について記事のアイキャッチ

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
個別指導に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事