【理想のバランス】塾の勉強と学校の勉強をどう両立させるべきか

塾と学校の勉強のバランスの記事のアイキャッチ
お子さんが塾に通い始めるとちょっと気になってくるのが学校の勉強との両立です。塾に熱中しすぎて学校の勉強がおろそかになってしまうと、何のために塾に通っているのかわからなくなってしまいます。そこで今回は塾の勉強と学校の勉強のバランスについてまとめてみました。

塾の勉強について

目的が入試対策の場合の勉強

中学校受験や高校受験などの時期が近づいてくると、子供だけではなく保護者も心配になり、焦りが生じてくることが多いです。そのため1学期の終わりころから急激に入塾する生徒が増えてくるようです。

しかし塾にも種類があって、どのタイプが入試対策に適しているのかわかっていないと、入塾したのはいいものの、内容がちょっと違ったんじゃないかと後悔してしまうことにもなりかねません。

そこで塾探しの時に最初にわかっておかなければならないのが、「塾の種類」です。

塾は大まかに4つのタイプに分かれています。それは「進学塾」「補習塾」「総合学習塾」「専門塾」になります。

まず「進学塾」の場合、まさに目的にぴったりの塾で、入試対策に特化したタイプの塾になっています。
そして「補習塾」は学校での授業の予習・復習や定期テスト対策を中心に行う内容になっています。
次に「総合学習塾」は進路相談や入試対策、そして内申点対策など総合的にサポートしてくれる内容になっています。
最後に「専門塾」は英会話やプログラミングなど、特定の教科に対する指導内容になっています。

上記の4つのタイプを踏まえた上での塾探しを行わなければ、的外れの塾を選んでしまう可能性もあるので注意が必要です。

また入試対策のための「進学塾」を探したとしても、各塾によって特徴があるので、その点もチェックしておかなければなりません。

そのチェック項目ですが、例えば評判のいい講師を指名することができるのかどうか。子供の予定に合わせて曜日や時間を決めることができるのかどうか。苦手な教科1つだけでも対応してもらえるのかどうかなどが挙げられます。

さらに教室内の雰囲気や、自習室の有無、補習などのサポート体制についても確認しておく必要があります。

「進学塾」での勉強は集団で入試対策のカリキュラムに沿った授業を受ける「集団指導」が多く、入塾テストでの成績が比較的上位の生徒が該当します。

授業は独自の問題集や副教材を使って行われ、もちろん授業中は質問などもでき、明確な答えを聞いて理解していくということができます。

しかし「集団指導」が苦手という生徒もいて、質問がしづらいといった場合は少人数での「個別指導」をおすすめします。

このスタイルだと疑問点が素早く解決され、成績にも反映されるので入試対策にもなることは言うまでもありません。

「補習」を有効に利用する

また塾の場合「進学塾」に限らずどのタイプの塾でも「補習」をすることができます。
これは当然有料になりますが、必要性を感じた場合、塾側も生徒側も積極的に「補習」を行っています。これにより帰宅時間が遅くなることもあり、決まった時間に授業が終わるということにはなりません。

塾の目的が定期テスト対策の場合の勉強

この場合の塾は「補習塾」になり、定期テストの成績アップを目指した授業となります。
定期テストの成績が着実に上がっていけば、入試にも大きく関係してくるので、その時点で「進学塾」に変更するのもいいかも知れません。
ただその場合も「補習」をするとより効果が早く出ると思います。

学校の勉強について

基本的には生徒が平等に授業を受ける

学校は小学校から中学校まで義務教育ですから、教育を受ける権利や義務があります。
1クラスに30人から40人の生徒がいて、教員が授業を行います。
使用される教科書類は国が認めたものに限られていて、公立の学校の場合は無料で使用することができます。

ここまでは一般常識なのでみなさんご存知のことですが、よく「宿題」と言う言葉も聞くと思います。
「宿題」は家庭で問題を解いて、学校に提出あるいは答え合わせをするという形で解答を理解することになります。

つまり塾のように「補習」というものがありません。
「補習」がないからもっと勉強したい生徒は、家庭で自己学習をすることになります。

入試に直接影響のない教科も学ぶ

学校の授業の中には「体育」や「美術」「家庭科」や「道徳」といった入試科目以外の教科もあり、生徒にとっては精神的な発達を促し、友達とのコミュニケーション能力にも関係してくるものが含まれています。

部活動をする生徒も多い

学校での部活動は勉強以外の可能性を引き出す大切なもので、生徒の楽しみでもあり、力を注ぎたいものでもあります。
ですが部活動が学校の勉強の妨げになるケースも見られ、部活動も頑張って欲しいし勉強もして欲しいということになり、学校側としても悩みのタネの一つとなっています。

両者のバランスをとるには

タイムスケジュールを立てる

学校では入試に向けて部活動の終了の時期を決めていて、生徒が勉強できるように計らっていますが、塾の場合はそれ以前から入試モードの体制になっているところがほとんどです。
ですから学校の授業と部活動、そして塾での勉強の3つをこなさないといけない時期があります。
それは生徒にとっては充実している反面、体力的にもメンタル的にも大変な時期だと思います。
そのため上手くバランスをとる方法を探す必要があり、その一つとしてタイムスケジュールを立てて、それに沿って行動することが挙げられます。

タイムスケジュールには学校の登下校時間はもちろん、起床してから登校するまでの時間の使い方も考えておいたほうが、より行動しやすくなります。

この方法だと少しの時間も無駄にしなくて済むので、生徒自身も安心感を得ることができるでしょう。

両方の勉強時間を公平に作る

次に両者のバランスをとる方法として、学校の宿題をする時間と塾の勉強にあてる時間を必ず作るようにして、塾のない日でもその時間は塾の問題集などに取り掛かるようにします。そうすることで塾のない時間に予習・復習をすることができ、次の塾の日に備えることができます。

体調管理を行い無理はしない

体調の悪い時はしっかりと休養することも大切です。気持ちは焦るでしょうが、無理をしてしまうと結果的には両方とも他の生徒から遅れをとってしまいます。特に入試近くの時期はインフルエンザなどの流行が予想されるので予防接種を行うなど、早めに対策をとっておきましょう。
そして少しでも早く回復して、元のスケジュールに戻せるようにするのが両立させる早道になります。

保護者の協力を頼む

また保護者に頼めることは遠慮なく頼むことも効果があります。塾への送迎を頼むとか夕食の時間の調整など、些細なことでも積もり積もれば時間作りに大きな効果があります。
保護者の方も頼られることは嬉しいと思うはずなので、協力してもらえることはどんどんお願いしましょう。

まとめ

以上のような点を参考にしていただければ、きっと塾の勉強と学校の勉強は両立させることができると思います。無理なタイムスケジュールは逆効果になることを念頭に置いて、限られた時間をどういう風に使うか現実的に考えましょう。
それによって生徒や保護者にとって嬉しい結果が待っているかどうかが決まるので、じっくりと計画を立ててください。

公開日:2019.11.25

コメント0件


塾と学校の勉強のバランスの記事のアイキャッチ

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
個別指導に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事