【中学受験】自宅学習のサポートになる問題集・参考書まとめ

おすすめの参考書・問題集のコラムのアイキャッチ
お子さんを家できちんと勉強させたい、というのはどのご家庭にも共通の想いだと思います。ましてや「中学受験」をさせたいと考えているなら、もっと真剣に考えているでしょう。
そんなとき、頼りになるのが質のいい問題集や参考書です。
この記事では「一人で家で勉強する」という観点から、役立つ問題集や参考書をまとめていきます。

中学受験とは

小学校・中学校は義務教育なので、特に何もしなくても地域の公立学校に入学できます。しかし中高一貫校に入学できれば、高校受験をせずに済むという点が魅力的です。
また私立の中学校に入学することで、その学校ならではの教育が受けられるという点も見逃せません。

中学受験のメリット

将来的に大学受験を推薦入試で乗り切ることができる

私立の人気大学や難関大学には高校や中学校を併設しているところが多くあり、その中学校に入学すれば、大学受験時にとても有利になります。

実際、慶應義塾大学や早稲田大学、明治大学や法政大学などは付属の高校からの進学率が高く、それぞれに中学校もあります。

また国公立大学や系列大学以外への進学に関しても、私立校の受験対策指導には強みがあります。私立校の最大の特徴は、学校が独自にカリキュラムを組めることです。教科の授業時間数が公立校に比べて多いので、授業を速く進めることが可能だからです。

つまり6年間を総合的に考えた指導ができるので、進学校であれば高2か高3のはじめ頃までに高校の教科書を終わらせ、あとは本格的な大学受験対策の授業へと進むところがほとんどです。

中高一貫校では、このような学習環境が整っているので、同じレベルの学力の子たちが一緒になって学び、競い合うことが可能です。その結果、大学受験でも難関大に多くの合格者を出すことができています。

一貫した教育方針の元で指導を受けることができる

私立中学校や公立の中高一貫校では、学校ごとに「生徒をこういう人間を育てたい」という教育方針があります。

たとえば、私立校なら「自主自律の精神を育む」「他者のために尽くす」、公立の中高一貫校なら「国際社会で活躍できる」「リーダーとしての資質を持つ」などのような人材育成が方針として定められています。

そのため授業はもちろん、行事・クラブ活動、生活態度や普段の行動などもこの方針に沿って指導されます。

グローバルな指導が受けられる

多くの私立中学では、将来、国際社会で活躍できるよう、独自のグローバル教育を実施しています。海外の大学進学を目指した国際学級を設置している学校や、海外研修・留学制度のある学校などその教育内容は多岐にわたっています。

また授業のICT(情報通信技術)化やアクティブ・ラーニングの導入など、時代にマッチした教育をいち早く取り入れて、大学進学後や社会に出てからも活躍できる人材を育成する教育を実施しています。

中学受験のデメリット

保護者の金銭的負担が大きい

受験勉強のために塾を利用すればかなりの出費になり、自宅で学習する場合もかかる諸費用は馬鹿にはなりません。

また模擬試験や入試そのものにもお金はかかります。それをわかった上で受験の必要があるかどうか十分検討することが大切です。

地域の友達と疎遠になってしまう

受験勉強は毎日のことです。そして学校から帰宅したらすぐに勉強に取り掛からないと、時間が足りなくなることもあります。

そのため友達と遊ぶことができなくなり、学校で会っても今までとは距離を感じ、なんとなく疎遠になりがちです。

それはお子さんにとっては寂しさにつながることもあるので、デメリットであると言えます。

子供のプレッシャーが大きくメンタル面が不安定になることがある

小学生にとっては「将来の大学受験に有利になるから」など、先のことまでピンときていないことが多いですが、保護者の期待が大きいとついお子さんに「頑張れ」と言ってしまいがちです。

それが顔を合わせるたびに言われるようであれば、お子さんにはプレッシャーになってきます。保護者の期待に応えなければと思えば思うほど、焦りや不安が出てきて不安定な状態になる可能性が出てきます。

そうならないためには、最初に「なぜ中学受験をするのか?」「保護者のための受験ではない」といったことをお子さん自身が納得する必要が出てきます。中学受験をしたために、取り返しのつかない状態になることは避けなければなりません。

中学受験の勉強を家でするには

親子で学習計画を立て、計画に沿って学習を進める

進学塾に行けば講師がスケジュールを考え、指示にしたがって学習していけばいいのですが、家での学習となると頼れるのは保護者だけになります。

そのため親子での情報収集や、現実的な学習計画を立てることが大切です。そして計画から逸れないように確認しながら学習を進めていきます。

優れた教材を使用する

受験勉強には問題集や参考書などの教材は必要不可欠です。でも書店に行けばたくさんありすぎて、どれがお子さんにとって合った教材なのかわからないと思います。

しかしお金もかかりますしたくさん揃えれば良いというものでもないので、口コミやレビューなどを参考にして選ぶことが大切です。

保護者の対応が合否の大きなポイントになる

中学受験は親子で乗り越えるものです。ですからお子さんの対応で「してはいけないこと」や「どんどんしてあげてほしいこと」が出てきます。

例えば「テストの結果に一喜一憂する」「頭ごなしに叱る」「つまづいている時に親が先に口出しする」などはしてはいけないことで、「子供の良い点を見つける」「子供の話をよく聞く」「意識して褒める」などは積極的にしてあげてほしいことです。

おすすめの問題集

ではおすすめの問題集のご紹介になります。
①きらめき算数脳 小学3・4年生 (サピックスブックス) 

この算数の問題集は低学年向きで、お子さんが楽しみながらゲーム感覚で学習することができます。問題は難易度としては高い方ですが、考え抜く力を養うにはぴったりです。
②中学入試 最高水準問題集 国語(文英堂)

中学受験をするなら過去問を解くと出題傾向がわかってきます。なかなか答えが出なくても解説を読めば理解することができるようになっていきます。
③理科生物・地学分野ランキング (データランキングシリーズ・出題頻度順問題集 )日能研教務部

この問題集は過去問が多く予想問題も取り入れられているので、何度も繰り返すと効果的です。また個人のレベルに応じた部分から始めることができます。
④社会実力突破―中学入試 (中学入試絶対合格プロジェクト)増進堂・受験研究社

受験が近づいてきたらこの問題集で仕上げをしましょう。特訓用のないようになっているので、やりがいがあります。

おすすめの参考書

①中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)文英堂

大手進学塾で教えられているような、非常に内容の濃い参考書で、これだけでわからなかったことが理解できるようになり受験に対応できます。
②中学入試 国語の読解は「答え探しの技(ワザ)」で勝つ! 文芸社

お子さんにとって国語の長文問題は苦手な分野だと思います。でもこの参考書を読めば、楽に答えられるコツがつかめるようになります。
わかる!できる!応用自在(国立・私立中学入試対策)理科 学研

理科の基礎から確認をしたい場合はこの参考書がおすすめです。問題もたくさん載っているので、理解しながら問題を解き確実に知識が身についていきます。
小学総合的研究 わかる社会 旺文社

学校の教科書レベルから受験勉強までに対応している参考書なので、基礎固めや応用に役立ちます。これだけで受験対策ができるほど充実した内容です。

まとめ

家庭での学習だけで中学受験を乗り切ることはかなり大変ですが、質の良い問題集や参考書をこなしていけば不可能なことではありません。
また保護者の心構えも大事なので、学習だけでなく家族の協力があってこそ良い結果に繋がってきます。
お子さんの将来のためにサポート体制を十分にとって、合格できるように導いてあげましょう。

公開日:2019.11.25

コメント0件


おすすめの参考書・問題集のコラムのアイキャッチ

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
個別指導に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事