【解説】個別指導塾に向いているのはどういうタイプの子?

個別指導塾に向いている子はの記事のアイキャッチ
小学3,4年生頃より通い始めるお子様が増える塾。塾にも個別指導塾、集団授業などさまざまな種類の塾があります。どの塾にも特徴があり、どの塾がお子様に合っているかどうかを見極めるポイントはご家庭によりさまざまです。また、塾により成績がダイレクトに左右されることもあるため、保護者様は慎重になられているようです。そのため塾を決める際は、お子様の学習能力向上が発揮できるよう、お子様の特性や目標により選ぶ塾をチェックする必要があると言えます。

こちらの記事では個別指導塾についてご紹介をします。個別指導塾の特徴や個別指導塾に向いているお子様や講師についてまとめてご紹介します。

個別指導塾とは?

個別指導塾の大きな特徴としては、生徒1人に対して、講師がマンツーマンで分からない箇所を教えてくれることです。同時間帯に、生徒が少人数(1~3名程度)で編成され、問題演習・質問タイムというように授業が進みます。講師が別の生徒を教えている間に、自分は問題を解き、講師が自分の番になったときに、分からなかった問題を解説します。集団指導の塾と異なり、生徒個々のレベルに合わて授業が進みます。

1対1の場合は、生徒に合わせ理解ができるまで丁寧な授業を行っています。また、生徒が複数在籍している場合も、同時間帯にいる生徒たちは同じ学年・同じ学校とは限らないため、講師はそれぞれの生徒のテキストや進捗に合わせて指導を進めてくれます。

そのほかの特徴として、部活や習い事との両立ができるように時間の融通が利く点、オーダーメイドの授業ができる点、質問がしやすい点などが挙げられます。

個別指導塾に合うのはどんなタイプの子?

では次に、個別指導塾に合うお子様はどのようなタイプだと思いますか。これに対し正解はないのですが、下記をひとつの傾向や指標として参考にしてください。
●集団授業についていけない
生徒一人に対して、講師が一人で授業を行うため、集団指導で質問ができず授業についていけないお子様。
●疑問があっても積極的に質問ができない
性格的に周りの生徒に圧倒されて、なかなか手が挙げられないお子様。
●勉強の方法がわからない
個別指導のため、勉強の仕方からサポートが可能です。
●分からないままにしてしまう
集団クラスの中にいると、なかなか質問ができないため分からないままにしてしまうお子様がいます。個別指導塾では、講師と1対1で授業を行う時間があるので、気軽に質問をすることができます。
●部活・習い事と勉強を両立させたい
個別指導では、生徒一人のスケジュールに合わせて授業を選択することが可能です。
部活や習い事に力を入れつつ、学校の授業やテストでも成績を落としたくないお子様のためにオーダーメイドの授業計画の立案が可能です。両立をしたいという気持ちを大切にしてくれます。
●苦手分野を学びたい・得意分野をどんどん進めたい
集団授業ではお子様の苦手分野の指導より、クラス全体に合わせた授業展開のため、苦手分野の克服を目指したいお子様は個別指導塾が適していると言えます。

一方で、得意分野をどんどん先に進めたいお子様にとっても個別指導塾は適しています。
●少人数が好き
お子様の中には大人数より少人数で力を発揮するタイプがいるため、お子様がどちらのタイプかを把握する必要があります。
●先生に質問しやすい環境で勉強したい
不明点をそのままにせず、しっかりと先生に質問ができる環境で勉強をしたいお子様に適しています。

このように個別指導塾は、お子様のタイプやさまざまな事情に柔軟に対応することができます。そのため、集団授業では本来の力が発揮できないお子様や、部活・習い事・勉強を諦めたくないお子様にとって、適した塾だと言えます。

個別指導塾の講師はどんな人

講師の指導内容・スキルによりお子様の成績に大きく影響するため、講師がどんな人なのかについても気になるところ。

個別指導塾に在籍している先生は、講師を本業としている人(プロ講師)や学生アルバイトなどさまざまです。これは塾により異なりますが、学生アルバイトでも採用にあたり講師の学力・人物評価などを総合的に審査され十分な指導力があると判断されています。

しかし、採用されたからと言って良い講師になれるとは限りません。そのためその塾の講師を判断する上で重要視すべき点は「講師を指導する研修制度」が塾側に整っているかどうかです。

また、お子様に講師が理解できるまで説明をしているかどうかなど確認し、判断することも大切です。

子どもに合う塾を見極めるには

以上、個別指導塾の特徴・合う子どものタイプ・講師について、ご紹介をしました。では、実際にお子様に適した塾を見極める上で大切なことはなんでしょう。

これに関し、実際に通うのは保護者様ではなく、お子様だという点を忘れてはなりません。お子様に合った塾を見極める上で大切はことは、お子様のタイプを見極め、お子様が望む学習スタイルを親子で十分に話し合うことではないでしょうか。

話し合っている間にさまざまな意見が出ることと思います。保護者様はお子様の意見をひとつずつ尊重し、かつ、塾の特徴を把握した上で、総合的に判断をする必要があると考えています。

十分な話し合いと保護者様の理解が、最適な塾選びに繋がると考えます。

公開日:2019.12.09

コメント0件


個別指導塾に向いている子はの記事のアイキャッチ

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
個別指導に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事