麗澤中学校の魅力(私立中学校 file.21)|#中受ラジオ の学校紹介

中学受験学習相談ラジオ(#中受ラジオ)は、中学受験生を持つご家庭のお悩みにお応えするネットラジオです。#中受ラジオ vol.22 「私立中学校のご紹介 先生からの1分間メッセージ」では、麗澤中学校(千葉県柏市)をご紹介しました。

(#中受ラジオ vol.22はこちらからお聴きいただけます)

このインタビューは、麗澤中学校さんの1分間メッセージをもとに、お聞きしたお話を「編集後記」としてまとめたものです。ラジオ番組内ではお伝えしきれなかった麗澤中学校さんの魅力を皆さまに感じていただければと思います。

麗澤中学校 入試広報部の寺坂先生
1分間メッセージをお話いただいた入試広報部の寺坂先生


「感謝の心、思いやりの心、自立の心」を育む

―― 「感謝の心、思いやりの心、自立の心」を育むというのが教育方針とのことですが、どのような取り組みをしておられるのですか?

1分間メッセージでもお話した「自分(ゆめ)プロジェクト」を縦糸、教科学習を横糸として、学校でのあらゆる場面が「心を育む場」と考えて取り組んでいます。

「自分(ゆめ)プロジェクト」では、中1で「自分と自然の関わり」について学びを深めます。キャンパス内の樹木観察を通じて自分たちの身近な環境を理解することから始まり、次第に森や川へと学習の範囲を広げ、それらが人間の生活とどのように結びついてきたのか/結びついているのかを学びます。自分たちが飲んでいる水の源をたどって、群馬県利根郡みなかみ町での研修も行います。

水源の森フィールドワーク
水源の森フィールドワーク(写真提供:本校入試広報部)

中2では私たちのバックボーンである日本の歴史と文化について深く学びます。3泊4日の関西研修とその事前学習を中心とした学びを通じて、日本がどのように作られてきて、今、自分たちはどういうところにいるのかを理解していきます。生徒たちは中1の時に自分自身の歴史も調べていますので、中2で歴史・文化を学ぶことで「日本とは何か」「自分にはどのようなルーツがあるのか」を語ることができるようになります。

関西研修
関西研修(写真提供:本校入試広報部)


海外で得た課題意識が前へと進む原動力に

―― 中3ではどのようなプログラムを行うのですか?

異文化の中で世界を知るため、2週間のイギリス研修を行います。

イギリス研修
イギリス研修(写真提供:本校入試広報部)

―― 「日本とは何か」「自分にはどのようなルーツがあるのか」を語ることができるようになってからの海外研修ですので、現地の方々とより深いコミュニケーションをとることができそうですね!

そうですね。もちろんそうした面もあるのですが、同時に自分の課題を痛感して帰ってくる生徒も多くいます。たとえば「あなたにはどんな夢があるの?人生で何を成し遂げたいの?」と聞かれた時に自分は十分に答えることができなかったが、イギリスの子供たちは自分の考えを述べることができる。考えてみたら自分は「高校に入学し、卒業したらとりあえず大学に行くんだろう」ぐらいしか考えていなかったな…ということに気づく機会となるのです。

―― しっかり準備をして臨んだからこその落胆かもしれないですね。

私たちもそのように考えています。準備を十分にしていなかったら、語学力の問題で英語が通じなかったとか、文化の違いだから仕方がないとか、そんな認識になってしまうかもしれません。でも生徒たちの多くは「話す内容」の部分で課題を見つけて帰ってくるので、それ自体が大きな成果と言えるのではないかと。

本校の生徒は1年(中1)から4年(高1)まで週1時間「言語技術」の授業を受けています「自分(ゆめ)プロジェクト」を通じて日本人としての自分自身(Identity)を学びつつ、思考と言葉はグローバルで通用するランゲージ・アーツで鍛えてきた生徒たちだからこそ、ことばではなく話す内容の部分に課題を感じることができるのだと思います。

―― それは素晴らしいですね。イギリス研修から帰国した生徒さんたちはどのように変化していくのでしょうか。

校内での活動にこれまで以上に熱心に取り組む生徒もいれば、学外で開催される催しに積極的に参加する生徒もいます。ボランティア、フェアトレードへの取り組み、大学のオープンキャンパスや職業体験、英検取得、留学…生徒たちは自分の将来を真剣に考え、さまざまなことに挑戦しています。

その結果、高2(5年生)からのコース選択においても生徒たちは、単にこの教科が得意/苦手だからとか、偏差値がいくつだからといった視点ではなく、自分は将来どのようになりたいのか、何をしたいのかをしっかり考えながら選択していきます。


人の役に立ちたい生徒さんが伸びる学校

―― 麗澤中学・高等学校に向いているのはどのようなお子さんだと思いますか?

人のために何かをしたい、人々や社会の役に立ちたいという思いがあるお子さんにはぜひいらしていただきたいですね。具体的に何をしたいかはまだわからなくても構いません。そうした気持ちを持った生徒さんは、本校での日々を過ごすうちに自分のやりたいことを見つけ、すごい力を発揮するようになるのです。本校はボランティア活動が盛んですが、そのほとんどは生徒が自分たちで考え、提案して取り組んでいるものです。生徒発の活動があちこちで芽生えて発展することで学校全体が良くなっていっていますし、何よりも生徒本人がとても楽しく充実した学校生活を送ってくれています。

―― 入学の時点ではまだ自分の夢が明確でなくても良いのですね。安心しました。

もちろんです。
本校で生徒たちが探し続けるのは、自分自身が本当にやりたいことです。それは簡単に見つかるものではありませんし、6年間の学校生活の中で、あるいは卒業後も変わっていくこともあると思います。

本校の生徒たちも、日々の経験を通じてこの分野なら自分が役に立つのではないか、ここに困っている人がいるが自分に何かできることはないかというふうに、さまざまな出会いやきっかけを経てどんどん変わっていきます。生徒たちにはこうした成長につながる、もっと先に進むきっかけとなる経験を多く積んでもらいたいと思っています。


心の力を「実践の場で」鍛えていく

―― 寮があると聞きました。ご自宅が遠方にある生徒さんが入寮されるのでしょうか?

中学生は通学のみですが、高1からは一定以上の成績であれば、自宅からの距離に関わらず、希望すれば入寮することができます。

―― 自宅が近くても入寮できる学校はなかなかないと思います。

本校は「3つの理念」のひとつに「知徳一体」を掲げており、寮生活には、感謝の心・思いやりの心・自立の心を「実践する場」としての意味があります

寮教育の達成目標
寮教育の達成目標(出典:本校ホームページ

―― 高2(5年生)の目標は「後輩のお世話を通じて自己成長」なのですね。

本校の寮では、先輩が自ら模範を示す「率先垂範」を実践しています。寮では一部屋に必ず各学年が一人ずつ入りますので、日々の生活の中で周りへの気遣いや気配り・目配りを学ぶことができます。先輩は後輩を教え、周りと協力しながら問題を解決する力を身につけていきます。

―― 寮生さんがいることで入寮していない生徒さんにも良い影響があるのでしょうか?

はい。寮生は学校生活の中でもさまざまなことにもよく気づいて自ら動き、まさに道徳を実践してくれますので、その姿を見た周りの生徒たちが感化されていきます。

本校では創立以来、リーダーシップを発揮できる人物――「高い道徳性を備え、周囲から信頼される人物の育成に取り組み続けているのですが、寮生活ではまさにそういったリーダーが育ちます。寮生は、学校行事なども中心になって盛り上げていますよ。

麗澤中学校の生徒寮
写真上:男子寮 写真下:女子寮(写真提供:本校入試広報部)


他者を理解するためにまずは自分を学ぶ

―― 高3(6年生)の寮教育目標には「相手の立場になって考える」「感謝の心を忘れない」とあります。こうした心の教育がなぜリーダーの育成につながるのかをお聞かせいただけますでしょうか。

グローバル化と価値観の多様化が進展するこれからの社会を生きていくためには「多様さ(Diversity)を認識すること」が大切であり、多様さを理解するためにはまず自分自身(Identity)を知らなくてはならない、と私たちは考えています。

自分のルーツを深く学べば学ぶほど、他者にもルーツがあるという事実に思いを致すことができます。自分は自らを取り巻く環境や長い歴史の中で育まれたものであると理解していればこそ、他者もまたそうであると気づくことができます。このような理解ができるようになって初めて真の「思いやり」――相手の立場になって考え、互いの違いを尊重しつつも全体としての調和をとり、導いていくことができるようになります。このようなリーダーシップをとれる人物こそが、グローバル社会の中で求められると私たちは考えているのです。

―― 麗澤中学・高等学校さんが考える「思いやり」にはこのような意味があるのですね。本日はありがとうございました!



追記:
校内の人気スポットを撮影してきました。

先生と生徒の距離が近いこと、先生が親身になって生徒さんに寄り添ってくれることが、麗澤中学・高等学校の人気の理由なのだとか。この写真は職員室前。広いスペースがあり、机と椅子もありますので、先生と生徒が気軽にコミュニケーションできそうですね。
職員室前

本校の昼食は、6年間「給食」です!しかも寮がありますので、食べたい人はこの食堂で夕食をとることもできるのだとか。部活帰りでおなかがすいたお子さんも、毎日忙しいご家庭も安心ですね。
麗澤中学校 食堂

広い敷地内にはさまざまな施設があり、クラブ活動も十分に行うことができます。今回は完成したばかりのラグビーの練習場を撮影してきました。
麗澤中学校 ラグビーの練習場




公開日:2019.12.25

コメント0件


記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
個別指導に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事