浦和駅の個別指導一覧

個別指導塾検索サイト

浦和駅の個別指導塾一覧

 1-10件を表示 / 全スクール10件(全11教室)

浦和駅は埼玉県さいたま市浦和区にある、JR東日本の駅です。
宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、京浜東北線が乗り入れています。
2015年には駅ビル「アトレ浦和」が開業し、県内初のカフェ併設型「浦和 蔦屋書店」がオープンしたことでも話題になりました。
浦和駅が最寄りの学校は、県立浦和第一女子高校、埼玉大学教育付属小中・幼稚園、さいたま市立高砂小学校、さいたま市立白幡中学校、さいたま市立岸町小学校、さいたま市立浦和別所小学校があります。

浦和駅地区担当者コメント

コエテコ編集部

旧県庁所在地のあった浦和駅は、埼玉県内屈指の文教地区で、新宿駅へも湘南新宿ラインで最短21分と都内へのアクセスが良く、都内通勤者のベッドタウンとして大変人気な街です。リクルート住まいカンパニーが2月28日に発表した、「SUUMO住みたい街(駅)ランキング」2019年関東版において、浦和駅が8位にランクインしています。

浦和駅西口を降りて徒歩5分ほどの距離にある、さいたま市立高砂小学校はさいたま市で最も古い小学校で、伝統と歴史のある学校として県外から通学のために引っ越してくる人もいるくらいです。
また同じく浦和駅西口にある浦和第一女子高校は、県内最古の女子校で毎年コンスタントに東京大学入学者を輩出する県内トップクラスの進学校としても有名です。

住宅地であり、県内でも伝統を誇る学校が所在する文教都市として人気な街浦和。ぜひ浦和駅での塾探しを検討してみてくださいね。

埼玉県の入試情報

埼玉県の高校入試について解説します。
<スケジュール>
2月18日(月曜日)、19日(火曜日)入学願書等の提出
2月21日(木曜日)、22日(金曜日)志願先変更期間
2月28日(木曜日)学力検査
3月1日(金曜日)実技検査(一部の学校)、面接(一部の学校)
3月5日(火曜日)追検査
3月8日(金曜日)入学許可候補者の発表(9時00分)

2019年度入試の入学願書出願期間は2月18日~19日です。入学願書、受検票、及び中学校長が作成した調査書が必要となります。入学願書には埼玉県の収入証紙(全日制2,200円、定時制950円)が必要のため、事前に準備が必要です。なお、市立高校に出願する場合は現金での支払いが必要となります。
埼玉県の収入証紙は、埼玉県庁内ファミリーマート(本庁舎地下、第2庁舎地下)、各県税事務所、各市町村の会計担当課所(さいたま市を除く)、埼玉りそな銀行各支店の窓口などで購入できす。基本的には窓口が開いている時間でしか購入ができないため、前日の晩にまだ購入していなくて焦る!なんてことのないように、前もって準備をしておきましょう。とはいえ一応、夜間でも収入証紙を売っている窓口もありますのでご安心を!

<学力試験について>
埼玉県の公立入試は、5教科(国語・数学・英語・理科・社会)、各教科100点満点の計500点満点です。出題範囲は、中学校学習指導要領に基づき、基礎問題、思考力・判断力・表現力等の能力をみる応用問題、記述問題が出題されます。
一部の高校によっては「学校選択問題」が出題されます。今年度の入試にて実施される高校は以下の21校です。数学及び英語にて実施されます。

```
県立浦和高校(全日制)、県立浦和第一女子高校(全日制)、県立浦和西高校、県立大宮高校、県立春日部高校(全日制)、県立春日部女子高校、県立川口北高校、県立川越高校、県立川越女子高校、県立川越南高校、県立熊谷高校(全日制)、県立熊谷女子高校、県立熊谷西高校、県立越ヶ谷高校(全日制)、県立越谷北高校、県立所沢高校(全日制)、県立所沢北高校、県立不動岡高校、県立和光国際高校、県立蕨高校、さいたま市立浦和高校
```

「学校選択問題」が出題される21校は埼玉県の公立高校の中でも進学校と呼ばれる、中学生から人気の高い高校です。これらの高校を目指す中学生は、独自問題にも考慮して勉強をする必要があります。

<入学者選抜について>
入学者の選抜は、学力検査結果と中学校から提出される調査証(内申点)+実技検査等(実施する場合)の合計得点で判断されます。学力検査と調査証、実技検査の配点割合は学校によって異なります。各学校によってそれぞれの比重を定めています。高校によっては、調査証の中で生徒会会長・部活動の結果・個人の活動(英語検定など)を加点する学校もあるので、志望校が定まり次第、その高校の方針について確認しておくとよいでしょう。

平成31年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における各高等学校の選抜基準
https://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/31senbatsu-kizyun.html

<高校入試のためにどんな対策をすればよい?>
埼玉県の中学生約9割が受けると言われる北辰テストという独自のテストがあるのをご存知でしょうか。
北辰テストとは、北辰図書株式会社が運営する、埼玉県で最大規模の高校入試に向けた問題を出題する模試のことです。入試同様5教科(国語・数学・英語・理科・社会)を受験することができます。中学3年生になると塾だけでなく学校でも受験を推奨されるため、埼玉県内での自分の偏差値を把握しやすいです。
このテスト結果をマイルストーンとして、受験対策に向けた勉強をすることができます。
北辰テストは、自分の学力状況を把握できるだけでなく、私立高校へも提出をすることで推薦入試の確約(合格内諾)をもらうことができます。毎年9月から12月ごろに私立高校で個別相談会が実施されます。この個別相談会に中学校の調査証(内申点)と北辰テストの結果を持参し、相談会の先生へ提出します。先生から、「大丈夫です。」「受験をしてください。」などの声がかかると、確約と思っていいでしょう。
当日試験を受けに行くだけで、試験内容如何にかかわらず合格をもらうことができるのです。第一志望が私立高校の人はこれで晴れて受験は終了ですし、公立高校狙いの人も滑り止めの高校が決まることで安心して公立受験に臨むことができます。塾によっては、北辰テスト対策を銘打って授業を行うところもあります。こちらも塾探しのポイントにすると良いでしょう。

浦和駅 の個別指導塾の一覧。集団塾に通っているが、苦手な科目は個別指導塾で集中的に学びたい。集団塾の授業が分かりづらいので、個別指導塾に通いたいといった需要から、塾選びで個別指導塾を選択するご家庭が増えています。個別指導塾を探すなら、コエテコ個別指導ポータルから探してみましょう。マンツーマン型の1対1指導、1対2指導といった指導方法の種類や志望校の名前、小学生、中学生、高校生などの学年別で個別指導塾を探すことができます。

浦和駅周辺の駅一覧